クロイワ鍼灸治療室のwebサイトへようこそ!!

お台場20キロ・マラソン完走

お台場20キロ・マラソン完走

今日の午後、海と緑の自然とレインボーブリッジ、都市型リゾートホテルなどの未来的景観が融合した日本屈指の観光スポットで、臨海副都心エリアの中心部のとてもオシャレなコースでの<お台場海と緑のランニング大会>に参加。
新橋から<ゆりかもめ>で台場下車、潮風公園で受付を済ませ、広場に置いてある仮設の着替え場で着替えして荷物を預け、軽くコースを調べつつジョッグ。老いも若きも男女ランナーが思い思いの立ち位置で準備、ジョッグ、ストレッチなどしているが少し寒いのでNATUS上着は着たまま。天気は最高。開会式直前に上下脱いで荷物置き場に収納。開会式でルール説明、コース説明があり、1時から順次5キロ、10キロ、20キロのランナーが少しづつ時間をおいて一斉にスタートで、一時は凄い混みよう。900人が参加とか。

1.25キロの周遊コースを16周で20キロ。最初は順調にゆっくり淡々と走る。 先ず皇居の一周5キロを意識してここで4周を目指す。そこで給水を取るが、スポーツドリンクが入っていて少し心地よく甘い。次は10キロの8周目を意識して走る。コース途中で友人、家族たちが冬用コートを着て寒い中応援している、子供連れのお父さんも元気に走っている。 周回数が分からなくなりそうなので、その都度何回何回と自分に言い聞かせながら走り10周目で給水。出発点を過ぎると暫く走ってU-ターン、そこでは右手に若い人たちがバーベキューしてお喋り、焼き物のにおい、その奥では別の若い女性群が写真を撮って大騒ぎをしているのが目に入る。ランナーの中には今年優勝した楽天イーグルスのユニフォーム(背番号10=永井投手)で走っている人がいる。これもありだ。 次はテニスの恰好で走るか・・ 10周でコースの3分の2は済んだと言い聞かせながら、次は13週を目指す。ゴールの係から2913番あと2周と言われた気がしたがタイムをみるとそんなはずはない、錯覚と言い聞かせながら走り、14周が終わるころ念のため係に聞くと、あと1周です、頑張ってください、と元気づけられる。少しヘタッテ来ていたが、最後なので一周飛ばそうと思うが足が出ない。結局足を痛めたし攣ったりしないようにと考えなおし原点に返って淡々とリズミカルな息をしながら走る。最後まで足を傷めたりせず、ズル休みもせず16周を完走。丁度20キロ・2時間00分でキロ当たり6分を何とか達成。立派な写真入りの完走書をもらう。20キロ以上走るのは、長い人生の中で今年になって初めてで、さらに今年9月(皇居)、10月(会津若松)、12月(お台場)と3回走ったことになる。キロ当たりのタイムも上がってきた。 まだまだ行けそう。

    コメント



    認証コード0599

    コメントは管理者の承認後に表示されます。

    powered by Quick Homepage Maker 4.91
    based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

    最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional