クロイワ鍼灸治療室のwebサイトへようこそ!!

はじめての方へ

文字サイズ:

はじめての方へ

● 指圧・マッサージ : この手技ではただ押したり揉んだりするのではなく、まず入江式FT(フィンガーテスト)法での経脈診、触診、腹診等に基づき14本の経絡(気血水の流れ道)の虚・実(エネルギー過・不足)を診断し、歪んだ経脈を中心に治療し調整し、途中またFT診断をして、さらに全身調整します。 
オイル・マッサージはスポーツ・コンディショニング(運動前後の調整)や美容にとても効果が出ます。

操体法仙台の医師、故橋本敬三先生が開発された柔らかな操法です。体調不良のときには、体に歪みが出て、体のある特定の方向の動きに痛い、硬い、動きにくいなどの制限が出ます。その制限方向の逆方向(快の動き方向)に呼吸法(呼気)を使いながらゆっくり動かし、一番気持ちが良いところで一瞬動きと呼吸を少し止め、それから一気に脱力します。
体の歪みがとれて、カスミが晴れたように気分がスッキリするでしょう。患者さん自身がする「操体」の指導とお手伝いをします。
鍼灸問診、整形外科的理学検査法、入江式フィンガー・テスト(FT)、良導絡測定、触診などを用いて検査し、患者様の病態を西洋医学的に診て、東洋医学的に経絡(気・エネルギーの通り道)の状態を把握します。その上でハリとお灸を使って治療します。
急性の痛みにはハリ単独治療が主体となまりすが、慢性化した症状にはお灸も使用します。細くて浅いハリを主として用いますが、慢性化して改善が鈍い場合は深めの鍼で強い刺激を使う場合もあります。またハリとハリの間に軽い低周波パルス(電源=電池)をかけてハリを振動させることもあります。冷えの改善に気持ちのよい灸頭鍼(ハリの先にモグサ玉 をつけて燃焼)や焼鍼(熱した鍼でチョンチョンと触れる接触鍼)も多用します。手足先端のツボに鍼を刺して少し血を絞りだす刺絡(しらく)療法が好評です。体に内在する抵抗力を高め、薬に依存しないで慢性化した病気と自力で戦う力をつけます。


こんな方におすすめ

●アンチ・エイジング ●美容 ●スポーツ・コンディショニング
●スポーツ障害 ●パソコン疲れ(目、肩、首、腰)●ストレス性疲労
●慢性腰痛、ぎっくり腰(首)、膝関節痛、五十肩 ●テニス・エルボーなどの運動障害と痛み
●自律神経失調 ●パニック障害 ●更年期障害 ●生理痛 ●ウェイト・コントロール●ジストニアなど

弊治療室では、鍼灸治療が得意とする全身血流改善力、免疫強化力、自律神経調整力などの特性を生かし、また室長の長年にわたるスポーツ経験(野球、テニス、マラソン等)、西洋医学分野での広範囲の見識や各種海外医学会参加、代替医療の研究(身体均整法、操体法、良導絡自律神経学会、入江式フィンガー・テスト法等の)経験に基づき、スポーツ愛好者の体調管理、試合前後の手入れ、スポーツ障害の手当て、老化防止や美容のための全身治療、パソコンやストレスによる疲れ、腰痛などの運動器系の痛み、自律神経失調調整、更年期障害、生理痛などの症状改善を図ります。いずれの場合にも、体調がおかしいな、変だなと思ったら早めに手入れをしましょう。鍼灸、指圧、操体があなたの体が本来持っている治癒力、免疫力を刺激、鼓舞してパワーアップします。自然治癒のお手伝いです。中国や日本での2000年以上の伝統と実績がそれを証明しています。世界保健機構(WHO)がその有効性を担保し認めています。

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional